経過の整理:2018年8月1日時点_骨延長・脛の各ステップ経過と初回手術(創外固定器の取付)からの累積日数など


こんばんは、Mieuxです。

骨延長のステップも集中リハビリまで来ましたので、
ここで一度、経過の整理をしてみます。

今までのレポで書きましたが、モデルはLON法・脛のものです。

STEP①:初回手術(創外固定器の取付)

  • 実施期間 : 2018/4/8
  • 日数   : 1日 ※ここを起点として累積日数を計算
  • やること : 髄内釘の挿入と創外固定器の取付手術
  • 場所   : 病院(手術室・ICU)
  • 対象レポ : コレ(手術当日) とか コレ(事前検査)

-----

STEP②:手術(取付)後DT

  • 実施期間 : 2018/4/9 - 2018/4/18
  • 日数   : 10日 / 累積:11日
  • やること : ①の手術後DT、特にする事は無い
  • 場所   : 病院(病室)
  • 対象レポ : コレ(経過まとめ①) とか コレ(DT最終日)

-----

STEP③:骨延長期間

  • 実施期間 : 2018/4/19 - 2018/7/20
  • 日数   : 93日 / 累積:104日
  • やること : 骨だけに毎日コツコツと延長作業をする
  • 場所   : 回復センター(施設)
  • 対象レポ : コレ(経過まとめ⑩) とか コレ(延長2日目)
  • 備考   : 目標とする延長量やトラブル有無で期間は変動

-----

STEP④:創外固定器の除去手術

  • 実施期間 : 2018/7/21
  • 日数   : 1日 / 累積:105日
  • やること : 髄内釘を固定し創外固定器を除去する
  • 場所   : 病院(手術室・病室)※当日入院
  • 対象レポ : コレ(経過まとめ⑩)

-----

STEP⑤:装具除去DT

  • 実施期間 : 2018/7/22 - 2018/7/29
  • 日数   : 8日 / 累積:113日
  • やること : ④の手術後DT、特にする事は無い
  • 場所   : 回復センター(施設)
  • 対象レポ : コレ(装具除去DT最終日)

-----

STEP⑥:集中リハビリ期間 ◀ NOW

  • 実施期間 : 2018/7/30 - 2018/9/2(予定)
  • 日数   : 35日(予定) / 累積:148日(予定)
  • やること : 一先ず歩けるようになる、尖足と膝の拘縮を解消
  • 場所   : 回復センター(施設)

-----(ここから先は全て予定)-----

STEP⑦:リハビリ+骨硬化期間

  • 実施期間 : 2018/9/3(予定) - 2019/3/31(予定)
  • 日数   : 210日(予定) / 累積:358日(予定)
  • やること : 日常生活に支障のないレベルへ運動能力を回復
  • 場所   : 自宅(日本)
  • 備考   : 月1回、レントゲン撮影し骨硬化状況を確認

-----

STEP⑧:髄内釘の抜去手術

  • 実施期間 : 2019/4/1(予定)
  • 日数   : 1日(予定) / 累積:359日(予定)
  • やること : 髄内釘の抜去
  • 場所   : 病院(手術室・病室)
  • 備考   : 日本でも出来るが、執刀医は挿入時と同じが良い

-----

STEP⑨:髄内釘抜去DT

  • 実施期間 : 2019/4/2(予定) - 2019/4/8(予定)
  • 日数   : 7日(予定) / 累積:366日(予定)
  • やること : ⑧の手術後DT、特にする事は無い
  • 場所   : 病院(病室)
  • 備考   : ⑧の備考同様

-----
-----

STEP⑧・⑨の髄内釘抜去については、急がなくても大丈夫です。

ワタシがいる病院ではSTEP①の初回手術で髄内釘を挿入してから
10年以内に抜去すれば良いとの話でした。

この10年については明確なルールとして定義されている訳でなく、
医師の方針や髄内釘の材質によって変わります

・・・10年後はワタシ、生きていたとしても50歳近くなので、
もう髄内釘は抜かずに放っておこうかなという考えも・・・

一先ず、STEP⑦のリハビリ+骨硬化期間までをきちんとこなします。

-----

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

それでは、また。