2chまとめ:低身長(165↓)・不細工は恋愛対象外なんだろ?9(2009年)


1: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/10/04(日) 13:09:19 ID:69+W0yHD

この場合の顔は造形以外にサイズも含むものとします。

 

774: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 18:20:58 ID:VR1e+z58
>>1
結論から言うと、対象外。多少の例外は存在するが、一般的にはきわめて不利。
限りなく対象外に近い。最悪、存在をスルーされるアンタッチャブルな位置づけ。
なぜならば、恋愛は外見で行われるからだ。これは脳生理学的に証明されており、
恋愛は大脳視床下部という非常に古くて本能的な部分で行われている。
理性とは別で、ぱっと見た瞬間、その異性が好きかどうかを脳が決めている
のだ。ここで、165センチ以下の男となると、ぱっと見の視覚的印象として、
子供っぽい、奇形、頼りないネガティブなフレーズを想起させる。
外見は髪型やファッションである程度ごまかすこともできるが、骨格や顔などの
根本的な要素を変えることはできない。つまり恋愛ができるかどうかは
遺伝子で決まっている。そういって過言ではないだろう。

 

775: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 18:32:39 ID:VR1e+z58
>>1
恋愛がきわめて難しいとなると、「モテる」ため、「彼女を作る」ために
時間とカネを費やすのは、きわめて非合理的な行動となってくる。
感情的に受け入れがたくとも、それが圧倒的一般的な事実である以上は
言葉の上で抗っても仕方がない。認めるしかないんだ。チビに恋愛は不可能だと。
それを認めることができれば、おのずと理にかなった行動が取れるようになる。
つまり、セックスは風俗、デリヘル、ピンサロで。擬似恋愛をしたければ
キャバクラで。だが、それでは他者からの認知欲求が満たされない。
そこで、自らが生きているコミュニティ(=職場)において「人一倍の努力」
による出世、あるいは不可欠な優秀な人材となることで、昇華を図る。
それが惨めで「負け組み」の行動だと思えても、そうするほか、道はない。

 

776: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 18:45:16 ID:VR1e+z58
>>1
だが、モテなくてもいい、彼女がいなくてもいい、性欲もさほど強くない、
他者から認知されなくても割と平気だ、という人間には、最早、チビである
ということはその人生において何ら苦をもたらすものでなくなる。
苦でなくなるのと代償に、何故、何のために自分は生きているのだろうという
虚無感に心を支配される。何の楽しみがあるのだろう。繰り返される朝昼晩、
そして一週間。朝と晩のループが、一週間という閉じた輪の中で回り続ける。
無味・無色な現実感覚のない生活が続き、感性や人間性がどんどん失われてゆく。
社会システムを維持するだけのコマとして、同じ作業をするだけの機械人間。
自分は今何をしているんだろう?そんな生への根源的な疑問が沸いてくるんだ。

 

777: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 18:55:43 ID:VR1e+z58
>>1
「俺はこんな所で何をしているんだ」と無意識のうちにつぶやいてしまう。
誰かに聞かれていたら、自殺願望者か、次のニュースで話題になる候補者だと
思われるだろう。いや、誰かに聞いてほしいのかもしれない。自分の心情を聞き、
否定でも肯定でもいいから何らかのアクションを起こしてほしいのかもしれない。
「ここにいて!一緒に生きていこうよ」という言葉を渇望しているのかもしれない。
俺はこんな所で何をしているんだ、とつぶやくたびに心はより虚無に、感情は
なくなり、感性も理解力も何もかも失われていって、ただの置き人形、
別名廃人へと近づいている気がするんだ。

 

778: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 19:04:23 ID:VR1e+z58
>>1
もし、こんな俺を理解して、愛してくれる彼女が居たらどうだろう。
自分はその子のことが愛しくて仕方なくて、その子のためなら死ぬことさえできる。
そんな彼女がそばに居てくれたら、言葉を交わすことができたら、
心を通わすことができたら、この心の虚無は晴れ晴れとした青空へと変わるのだろうか。
そんなことを薄れゆく感情の中で思い出して、出ないはずの涙で枕をぬらす。
詩的な感傷は無用だと理性ではわかっているのに、こころは理性だけでは
決して測れないし、制御もできない。理性と合理的行動のみを志向した結果、
失われた世界を夢見る壊れた哀れな機械人形となってしまったのだ。

 

779: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 19:12:47 ID:VR1e+z58
>>1
景色は遠ざかってゆく。生まれ育った町、夏休みにすごした田舎の山河、
小さい頃遊んだ公園、ずっと可愛がっていた犬、やさしかった人々、
そして現実。恐怖と抑圧と。孤独へと追いやられ、それを肯定するかのように
自ら孤独を志向し、社会システムを維持するためのコマを自覚し、
働くことに崇高な喜びと真の現実を見出そうとする。が、それは欺瞞でしかなく、
仕事という場と行為においてさえ、自分の求めていたものは存在しなかった。
自分が本当に求めていたのは他者からのアテンション、他者からの
温かいまなざしと、やさしい言葉だったのだ。

 

780: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 19:20:56 ID:VR1e+z58
>>1
両肩に衝撃が走る。びっくりして飛び起きて斜め上を見ると、微笑むその顔があった。
きょとんとする俺を見つめながら、「寝ちゃだめでしょ」といたずらっぽくやさしく微笑む。
なぜだろう、空虚だったこころに、お湯が流れ込んだように、温かさが広がってゆく。
「僕も綾波といると、ぽかぽかするよ」と思わず口に出てしまった。
今度は彼女がきょとんとして、一瞬の間ができた。次の瞬間、僕たちは
互いに笑い出した。温かさと明るさがいっぱいになる。僕は彼女といるとき
虚無を忘れ、生への希望がわいてくる。かなうことなら、ずっと、彼女と
生きていたかった…

 

781: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 19:25:41 ID:VR1e+z58
>>1
だが、もう終わりのようだ。世界は収束し、小さな点へと回帰しつつある。
すべてが認知できなくなる。見るもの、聞こえるもの、触っているもの、
匂うもの、食べているもの、すべての意味がわからなくなる。光は失われ、
音もなく、眠りにつくその瞬間のような、誰にも認知できなくて、怖い、
それでいて、甘美な世界が待っているような、白い世界…
世界が閉じてゆく。自分がなくなってゆく。いよいよ、この社会システムから
の卒業なのか。すべてに見放され、個人としての社会的意味を喪失した
虚無へと、あってなき風景の一部へと、人の頬をなぞる風のごとく、
消えてゆく。自分が消えてゆく。

 

782: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 19:36:37 ID:VR1e+z58
>>1
―――ウーソーだーよー。本気にするなよ。チビだからってモテないなんて
ウソだし、彼女できないってのもウソだよ。チビだけど可愛い女の子と
手をつないでるやつ見たし、先輩もチビだけど合コンで彼女ゲットしたしな。
ま、俺は彼女居ないけど、普通に社会生活送れてるし、生きる楽しみも
ないわけじゃない。存在の虚無何て微塵にも感じてないね。結婚だって
しようと思えばできるし、普通の人生送ろうと思えばできるだろうし、
でも、一人で生きる方向も考えていろいろ、マネジメントっての?
自分の人生を自分の望むように動かしてんだよw
何、卑屈になってるんだか。彼女できるに決まってんじゃねえか。
恋愛できるに決まってるじゃねえか。当たり前のこと9回も聞いてくんじゃねえ。

 

783: イリザロフ法で低身長を何とかする 2009/11/29(日) 19:46:13 ID:VR1e+z58
>>1
嗚呼、そうはいっても、もしかすると、でもやっぱり、あと
“10センチ”高く生まれたかったかもおおおおおおおおお
やっぱり、チビだともてねえし、彼女できないし、恋愛できねえよ!
異性として見てもらえないよ。存在スルーされちゃうよ。
話しているとき心の中で「くすっチビキモイw」とか思われてるよ。
気遣い一切してもらない。生きてる価値ないよ。風景と一緒だよ。
どうすればいいんだよ!?畜生、畜生、ちくしょうっ
チビ、なんでチビなんかに生まれてしまったんだ。なんで俺はこんな
不幸な星の元に生まれてしまったんだああああああああああああああ
ああああああああ 
もう嫌だ、もう生きていきたくない…
もう、この世界は嫌だ。

(次ページへ)

Posts navigation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です