術後レポ:骨延長14・15日目=グロい肉裂に見入りながら延長を実感し始める


こんばんは、Mieuxです。

骨延長14・15日目のレポです。
前回分のレポはコチラ。また、直近の経過まとめはコレ

骨延長14・15日目(2018/5/2・2018/5/3)

日本はGW真っ只中ですね。皆さん如何お過ごしでしょうか?

ワタシは変わらず、廃人のような骨延長生活を送っていますw

延長そのものは順調です。

ただ、経過の見通しとして織り込み済の『ある事象』が出ました

今回はそこにスポットを当てて、サックリとレポします。

-----

骨延長量・延長作業

※グラフの仕様・計算方法などは、前回同様です。

累積で14.2mm脛骨が伸び、計算上で身長は165.9cmになりました

こうして見てみると、もう14/70(mm)の進捗なんですね。
何か、時の流れが速いなぁ・・・歳だからかw

そういえば明日、お待ちかねのレントゲン撮影です。

撮影後、実測値と計算上での延長量の乖離・差分が明らかになるので、
かなり楽しみでワクテカしています。

乖離があれば、明後日以降の延長量を変更するなど医師と相談します。

どうでもいい話なんですが、ワタシは8月中旬に一旦帰国するので、
あまりに乖離がでかいと、ソレに間に合わなくなりますw

-----

骨延長中の痛み・腫れ・リハビリ

いきなりグロいもん見せてすみません。

冒頭で書いた『ある事象』がコレ、右足首のピン刺し入れ部です。
痛みは無いんですが、グロいですね。

右足首のピン刺し入れ部は、延長が進み皮膚が裂け始めています。

この皮膚が裂ける現象は誰でも起こります。

裂けた後、幾らかの傷跡は残りますが、気になる人は美容外科で
レーザーでも当てれば殆ど判らないくらいには消せるようです。

この肉裂(?)の経過も、ぼちぼち載せていきます。

-----

骨延長中の体調・メンタル・ストレス

相変わらず抗生物質で少し弱っていますが、大丈夫です。

食事の事は後述しますが、摂取カロリーが極端に少ない状況は
緩和されたので、不眠と苛立ちはやや落ち着きました

回復センターなのに必要なカロリーを摂取できないのは
如何なものかと思うがw

真面目な話、摂取カロリーが少なすぎると血流も下がり、
骨を切った部分の仮骨の形成が遅れるので、割と死活問題です。

-----

骨延長中の食事・栄養摂取量

 

5/2の夕食。
デカすぎる割に可食部が少ないチキン・臭い草の汁・以下略。

毎日必ず、何かしらNGと伝えたものが出るので軽く拒食症に

そのまま一切箸をつけず。

これが数日続いていたので、日々の摂取カロリーが少なすぎ、
苛立ちと不眠に直結していました。

5/3の夕食
牛そぼろ丼・謎野菜炒め・謎野菜汁+バナナ・牛乳。

前日とは打って変わって食べやすかったです。
窓口担当者がだいぶ配慮してくれたようで感謝です。

牛そぼろ丼は日本で食べる一般的なものと、ほぼ変わらず。

この日は朝から3食とも、カロリー摂取量・蛋白質量ともに
問題ないものを出して貰えたので、とても助かりました。

-----

今回のレポは、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

それでは、また次回!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です