術後レポ:骨延長2日目=延長作業を間違えたらどうなるって・・・?そいつぁヤベェ!


こんばんは、Mieuxです。

ようやく骨延長が始まりました。
前日分のレポ(まとめ①)はコチラ

骨延長を開始して2日目のレポです。

後ほどExcelでグラフを作り、延長の進捗を可視化します。
モノが出来次第、こちらにもUpを開始します。

骨延長の作業は、とても地味な事の繰り返しです。

延長作業は普通のスパナを使い、創外固定器のナットを回します。
延長作業は普通のスパナを使い、創外固定器のナットを回します。

タイトルに書いたアレ、作業間違いについて皆さんご想像の通り、
ナットを間違えて逆に回すと、身長が縮みます

逆に回すとガチでヤベェやつですww

※骨延長としてのイリザロフ法も、患者の作業間違いから始まったが・・・

これを4時間に1回、正しくしないと期間内に延長が終らないです。
なので、うっかり忘れを防ぐ為、生活サイクルに組み込みます。

一日の延長作業スケジュール

1回目

8:00 朝食前、朝食がこの時間に運ばれるので、食べる前に

2回目

12:00 昼食前、昼食がこの時間に・・・(ry

3回目 

16:00 リハビリと学校の講座を1コマ終えたら

4回目

20:00 同上 ※スマホのアラームで時間を通知

5回目

24:00 寝る前

-----

骨延長2日目(2018/4/20・金曜日・先勝)

当日は予定通り1.0㎜延長。
初日分と合計し、計算上では1.4㎜身長が伸びた事になります。

実際の作業は、一般的なスパナで創外固定器に取り付いている
六角ナットを少量ずつ1日に5回、回転させます。

病院や医師の方針によって、1日の回数や回転量は異なります。

ワタシの医師の方針では、

1回で回す量を減らし代わりに回数を増やす事で、痛みを抑える。

となっています。とても合理的で良いですね。

veeが骨延長を手伝ってくれるようです・・・かわいいなぁ
veeが骨延長を手伝ってくれるようです・・・かわいいなぁ

ナットを回す際の痛みは、延長開始の直後なので、まだナシ。
ただ、何か引き延ばされている感は少しだけ感じます

延長量の累積が増えると痛みだすのか、少し怖いです

この痛みについては、レポの中でも細かく書いていきます。

-----

骨延長2日目については、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

それでは、また明日!

 

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です