経過まとめ①:渡航~手術・入院~退院(回復センターへ移動)まで+骨延長の開始


こんばんは、Mieuxです。

昨日、無事に退院(回復センターへ移動)しましたので、
ここまでの経過を一旦纏めます。

入国・仮滞在
2018/3/31~2018/4/3 累計日数:4日

  • 入国に関する諸手続(病院が手配した代行業者が全て対応)
  • 他のメンバーと合流
  • 現地の宿に宿泊(日本円で一泊600円くらいだが・・・)
  • 病院の設備や回復センターを視察
  • 他の患者に状況ヒアリング

タスクはあまり詰まっていないので、ダラダラ過ごしましたw

-----

契約締結・観光的なアレ
2018/4/4~2018/4/6 累計日数:7日

  • 契約内容を2回ほどすり合わせた後、締結
  • 手術・治療等の費用を送金
  • 観光名所巡り的なオマケ
  • 繁華街で飲む

正直、下2つは要らなかったんですが・・・まぁいいや。

-----

手術前日・当日
2018/4/7~2018/4/8 累計日数:9日

  • 簡易的な健康診断+性病検査
  • 手術(創外固定器の取付)

この辺は予想通り、というか教科書通りの進みです。

-----

術後DT・退院(回復センターへ移動)
2018/4/9~2018/4/19 累計日数:20日

  • ほぼ寝たきりで過ごす
  • 日々、身体の回復は実感できる
  • 抗生物質の連続投与で体調を崩す
  • 病院食は栄養バランスすら壊滅的
  • トイレ仕様や介助人の時代錯誤な対応は要改善

DT中は、自分の身体よりも他の部分がしんどかったです。
病院食は味・ニオイはさておいても栄養バランスが最低でした。

トイレと介助人については・・・次に向けて病院と話し合います。

回復センターに戻ってから10日ぶりに鏡で自分の顔を見ると、
ストレスとカロリー不足で、ゲッソリ痩せていました

-----

昨日の退院後、回復センターで骨延長のしかたのレクチャーを受け、
ようやく延長を開始しました

以前に諸々書いていたイリザロフ法のとは論シリーズで、
延長作業は自分で行うと書きましたが、ここでも例外ではなく。

回復センターは病院よりだいぶ快適
回復センターは病院よりだいぶ快適

医師からの延長に関する作業指示は、

1回につき0.2㎜ × 1日5回 = 1日1.0㎜

これを毎日繰り返す、というものです。

計算上、脛を7cm伸ばす場合は70日(2ヵ月と10日)となります。

延長中に使うプロテインやサプリも準備バッチリ!日本から全部持ってきたw
延長中に使うプロテインやサプリも準備バッチリ!日本から全部持ってきたw

この1日5回は、基本的に4時間に1回というサイクルなので、
毎日の生活リズムを設計し、そこに組み込みます

そのサイクルやら何やらは、明日のレポで書きます。

-----

経過まとめ①は、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

それでは、また明日!

 

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です