術後レポ:DT6日目=退院(回復センターへ移動)に向けた動きが始まる①


こんばんは、Mieuxです。

創外固定器の取付後、DT6日目です。
前日分のレポはコチラ

DT6日目、抗生物質など幾つかの薬のは投与が終わりました

これで薬によるダルさなどもだいぶ解消されたようです。

両足でveeを『たかいたかい』してみましたw
両足でveeを『たかいたかい』してみましたw

写真では少し判りづらいですが、両脚を同時に浮かせて動かす事も
出来るようになり、連続して動かしても痛みは出ません。

-----

DT6日目(2018/4/14)

病院側の人と話し、退院(回復センターへ移動)は4/18で確定と。

  • 術後10日くらい=手術した病院にそのまま入院
  • 退院後=回復センターで3ヵ月半くらい、骨延長&リハビリ

という流れです。

回復センターでの3ヵ月半くらいの内訳は、

  • 骨延長に要する期間=大凡2ヵ月半
  • 集中リハビリに要する期間=大凡1ヵ月

という感じになるでしょう。

※これは、あくまで計算上の時間繰りなので多少前後するかも・・・

現在、実行中の脛の延長だけでこのスケジュールなので、
第2ラウンドの太腿でも、同じくらいの時間をかける事となります。

-----

状態の推移としては極めて順調なようです。

変化等しては、冒頭にも書いた感じで投薬が減った事以外は、
特に何もナシです。前日同様、リハビリに注力します。

4/18までのあと数日は基本に忠実、コツコツと実行を積みます。

歩行器でゾンビ歩きする、ちんやん。これはワタシではありませんw
歩行器でゾンビ歩きする、ちんやん。これはワタシではありませんw

他のメンバーもリハビリを意識して、歩行器で歩いています。

さて、もう少しだけリハビリをしながらveeと戯れたら、
骨延長とは全く関係ない、別の『課題』をこなしましょうかね・・・

-----

DT6日目については、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

それでは、また明日!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です