術後レポ:DT3日目=身体の復調を急激に実感する①


こんばんは、Mieuxです。

創外固定器の取付後、DT3日目のレポです。
前日分のレポはコチラ

DT3日目、身体の回復がだいぶ進んだと感じた日でした。

セカンド童●ならぬ、3rdDT www

この日もまだ延長は開始していません

徐々に露出が増えて呆然とするvee
急に露出して呆然とするvee

包帯やガーゼは外れた訳ではなく、取付直後は衛生管理の為に
数日おきに交換して貰います。

写真は交換中、一時的に全露出したものです。

あと1週間もすれば、ほぼ全露出がデフォルトになる予定です。

DT3日目(2018/4/11)

前日までは夜、創部の腫れ・熱感・疼痛を認識していましたが、
DT3日目はほぼ感じなくなりました。

これによって、睡眠の質は上がったようです

併せて、だいぶ脚部が動くようになりました。
少しでも筋肉を衰えさせない様、頻繁に脚の上げ下げなどしました

また、尖足(立った時に踵が床につかなくなる障害)を防ぐ為、
横になっている間も意識的に踵を前に突き出すようにしていました

実質の筋トレ+ストレッチ=リハビリの開始ですね

やれる事は毎日コツコツ、きちんとやっておこう。

骨だけにwww

-----

その他の状態変化としては、阿頼耶識システム・・・ではなく、
硬膜外麻酔の注入管が抜去されました

抜く瞬間だけ気持ち悪かったですが、後はスッキリです。

硬膜外麻酔のカテーテル挿入箇所
硬膜外麻酔のカテーテル挿入箇所

これで、身体に挿入されている管の類は、点滴などの複数の
注入物に使うチューブ一本のみです。

こっちはもう慣れっこなので、挿入されている事も忘れていますw

最後にこの日一番の残念な(?)話。

前回で、この病院での入院は明日までと書きましたが、
通訳の人が誤認した様で、実際はあと1週間ほどココで入院です。

これで下のお世話系の課題も残りましたが、病院側と相談が出来、
何とか許容できる落しどころを作る事が出来ました

この内容についても、ワタシの後に入院する方へはお伝えします。

流石にベッドの上で横になったまま、ウ●コ垂れ流すのは御免、
無理言ってスマヌっ!と思いながら交渉して良かった

-----

DT3日目については、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

それでは、また明日!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です