骨延長の国へ入国~滞在5日目:まだ何もしてねェッ!!!!!


こんばんは、Mieuxです。

すみません。ちょっと日が空きました。

予定通り3/31に韓国を出て、骨延長の国に入りました。
その後の予定が割と流動的で。

何を書くか考えていたら、日が経っていました。

まだ手術はしていません。

 

1日目(2018/3/31)

現地入り、空港でビザ申請コーナーに病院が手配してくれた
申請代行員がワタシの名前カードを持って待っていた。

本来、持参したビザ用の写真を使う筈だが、写真を撮られただけで
申請という行為は終了となった。

この国では隠語でいう『裏技』が普通なようで。

その後、病院スタッフと合流~食事(半強制w)~宿まで送られた。

※飯レポ的なものは後日。

 

2日目(2018/4/1)

空港で他のメンバー到着を、病院スタッフと一緒に待つ。
合計待ち時間は3時間半ほど。

メンバー同士、感動の初対面w全員男だけどもwww

その後は前日同様、食事(半強制)~宿への送り届け。

どうでもいいけど宿、シャワーのお湯が出ない。暑いからいいけど。

日本円で1泊600円くらいだと、こうなるんかな。

 

3日目(2018/4/2)

病院の施設見学や、既に入院している患者から状況ヒアリング。

病院は相当に近代的な設備を入れている。
以前、検討していた東欧の国よりも質の高い治療を受けられそう。

患者(先輩?)ヒアリングでは、脚の事以外で生活に困る事はないと。

割と患者同士の交流が活発なようで、ワタシたちもそれに加わるのか
ちょっと考えモノだなぁ・・・と。

 

4日目(2018/4/3)

手術・治療・入院に関する契約について刷り合わせ。

それ以外は自由時間・・・というか、市街地から離れた病院で
空き部屋のような場所に半軟禁状態なので、何も出来ないw

※外に行きにくい以外は手厚く遇されていますw

 

5日目(2018/4/4)

契約の締結、諸費用の入金など。

実際の手術は病院側の銀行口座に着金してからなので、
来週半ばくらいまでは暫く待ちの日々です。

夜は病院関係者が繁華街に連れて行ってくれました。
場所柄、ヒャッハーな人が多くて怖ェww

-----

個人的にはスケジュール詰め詰めの方が好きなのですが、
たまにはこういう、時間の浪費も楽しんでみましょうかね。

今日のところは、こんな日記で勘弁して下さいw

それでは、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です