ただの日記:病気による身体の強制停止以外は罪悪感で休養がとれない


こんばんは、イリザロフ法で低身長を何とかするMieuxです。
ここ数日、重めの風邪で寝込んでいました。

ワタシは馬鹿だからか、風邪をひく頻度は相当低いのですが、
久々に重いのを喰らいました。

インフルでないだけマシでしたが。

普段は力尽きるまで、頭の中にある事を片付けてからでないと
休めない性分なのですが、今回ばかりはそうも言えず。

力尽きる前に休んでしまうと、後から酷い罪悪感に襲われます。
また、途中で手を止めた事で自分を責め続けます。

ここ数日は発熱が酷かったのと、喉や関節の痛みも酷く、
神経もとても過敏で、何かをしようにも何もできず。

流石にこれは休んでも仕方がない状況だったので、
ここ二日は何も考えずに休みました。

-----

某違法動画サイトでポケモン(初代)のアニメを一日中見たり、
大昔に消した筈のアニソンフォルダが残っていたので、
それを聞いたりしていました。

今日はフシギダネが沢山出てくるところまで見ました。

・・・これが日常だったら、本当に廃人だw
こんなのはダウンしている日くらいなので勘弁して下さい。

人間の記憶って、音かニオイで一気に思い出すと言いますが、
これは都市伝説でも何でもなく、本当ですね。

古いアニソンを聞いていたら、色々と思い出しました。

・・・聞かなきゃ良かった。

-----

低身長で人にあらずのワタシが、自分は人であると周囲に
認めさせようと暴れ続けていた頃。

それまでは暴れる以外の選択肢は存在しなかった。
他人の心と自分の心、どれだけ壊してきたかな。

ワタシを小馬鹿にし、舐め切った連中のだらしない表情が
時間の経過とともに怯えや虚無に変わっていく。

※暴力等、犯罪性を含む行為ではありません。

その変化の有り様をみるのがキモチ良かった。
自分への唯一の慰めだった。

その慰めも次第に自分には効かなくなり、自分の心が壊れていく
速度だけが日ごとに加速していった。

・・・今考えれば、全てが無意味だったのかも判らない。

暴れるより先にイリザロフ法で低身長を改善すれば良かった。

そうすれば、他人も自分も壊さずに済んだのに。

-----

こんな事を抜群のリアリティで思い出してしまったので、
自分自身にやや胸糞です。

やっぱりワタシはこの先、生きていない方が良いのかもですね。

その判断は、イリザロフ法が終わった時点で一度・・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です