ただの日記:顔面課金というパワーワードに妙な親近感と納得感


こんばんは、イリザロフ法で低身長を改善するMieuxです。

これはただの日記です。どうでもいい駄文です。

最近の心身不調ついでに、イリザロフ法を受けて低身長の改善が
実現した後の事を、あれこれと妄想していました。

今に比べれば生き易くはなる筈だが、それでいいんだっけ?
また、他に何かやっておける事は無いのだっけ

低身長が生き難い今の時代と、全ての自信と希望を無くしたワタシは、
自分の身長を伸ばすだけで本当に全てが劇的に変わるのか

変えられなければ、先々の希望も何も無いのが続くだけなので、
行きつく先は結局のところSuicideだ

こんな事を考えている時、ふと目に入ったキーワード。

顔面課金

誰が考えたのかは判らないが、ものすごいパワーワードですね。

初見のパワーワードって、自分との相性が悪いと凄い違和感を覚える
ものですが、これは全くソレ(違和感)がなかったです。

寧ろ、とても親近感を覚えたのが正直なところです。

そういえば、自分も能動的にした訳ではなかったですが、
怪我のついでで顔面課金をした事はあったんだ

と。

ここで、一つの行動が頭に浮かびました。

そうだ、京都いこう・・・ではなく、いこう

やることは、勿論ソレ。

人生の軌道修正に向けて、やっておける事が見つかった

どうせイリザロフ法で身体に課金するんだ、顔にも少し課金するか

別段、顔面課金に失敗して修復不能ならSuicideするだけだし。

今まで、自分に投資と言いながら何かを勉強したりと、
頭に課金はしていたものの、投資という言葉がしっくり来なかった。

価値の無い自分に投資ってリターンは確実に得られるんだっけ
こんな事をいつも考えていました。

でも、課金という言葉は抵抗なく受け容れられる。

ここまで考えた後の動きは早く、韓国の医院へ連絡し予約も確保。
課金する仕様はこれから詰めていきます。

という事で。

韓国での顔面課金は、3月下旬に実行

乞う・・・何も期待しないでおいて下さいwww

-----

顔面課金の中身や術後の経過などについては、
このブログのお題とブレるので、本編では書きません。

日記などではさらっと位は触れるかもですが。

顔面課金の中身にご興味を持たれた方は、コメント欄または
お問合せフォームからメッセージ下さい。

障りのない範囲で、自分の状況・状態はお伝え致します