低身長を傍から見た時の特徴⑤~心に余裕がない


こんばんは、Mieuxです。

低身長は男女問わず、心に余裕のない人が多いとよく言われる。
ワタシ自身を客観視しても、それに含まれる。

低身長は心に余裕がない

余裕のなさからか、どうしてチビは生き急ぐの?
また、必要以上にチョロチョロ動いて目障りだなぁ、と傍目に映る。

職場でも実績アピールがウザかったり、無駄に声だけ大きい・・・。

また、自分の主張や意見が受け容れられないと、是が非でも周囲に
受け容れさせようとし、周囲は引いてしまう

男女の話でも、アプローチされる側はゆっくり関係を作りたいのに、
低身長は答えを急ぐから冷める・引く、なんていうのも。

恋愛関係になったとしても、常にピリピリしていて楽しくない

こんな特徴が、傍目に低身長を見た場合、非常によく映る。

ワタシを客観視してもよく当てはまる。これは肯定する。

男女の話では、ワタシも上に書いた通りの失敗を何度もしでかした。
折角のチャンス到来(?)も、ワタシが自分に自信がない為、
事を早く進めなければ、他の男に相手が流れてしまう・・・

だから、結果的に相手の温度感を無視したアプローチをしてしまう。

自分に自信がないのに、焦って心の余裕もなくし自爆する
そんな自分が情けなくて、酒に溺れた日もあった・・・かな。

-----

それでは、低身長の側の言い分などを。

何で低身長がこんな特徴を持つのか、ワタシなりに考えてみた。
やはり本日のテーマ通り、心に余裕がないから

心に余裕がない理由は、低身長を傍から見た時の特徴シリーズで出た
事柄の総まとめのようなもので、嫌な経験の蓄積によるもの。

  • 存在を否定され
  • 見下され
  • オモチャにされ
  • 舐められ
  • 食い物にされ
  • ぞんざいに扱われ
  • 努力しても認められず
  • 人として扱われず

こう扱われている状況で、心に余裕を持つ事は正直厳しい。

低身長の側は、そんな状況を変えたいからこそ必死になったり、
自分の存在や意見を強く主張したりする。

また、心に余裕がない状態でコレをやれば当然、消耗も激しい。
勿論、傍目に映るのが悪い特徴なので、やり方を変える必要はある

だが、低身長が無特徴で振舞っても周囲に埋没し潰されるだけ。
潰されるくらいなら、嫌われてでも存在を認めさせる

認めさせるためには能力が必要。だからワタシは必死に努力した。
それでも努力すら、周囲は嘲笑う

それが更に私の心から余裕を削ぐ、というか追い詰める。

必死に努力を続けた結果、能力面で埋没する時が来たら。
ワタシは存在価値が何も無くなるので、Suicideするのだろう

そうならない様、必死に努力し抗い続けるのだけど。

同じ低身長でも人によって程度の差はあるだろうが、
似たような事を考えている筈だと。

-----

本日は、この辺りで。次回は、このシリーズのまとめです。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

本日もお読み下さり、有難うございました。