低身長を傍から見た時の特徴③~攻撃的・過剰反応する


こんばんは、Mieuxです。

低身長は『攻撃的・過剰反応』だと非常によく言われる。
今日はこれの傍から見たものと、低身長の側の主張、両方を。

低身長は攻撃的・過剰反応する

攻撃的というのが、ある意味で一番判りやすい。

  • すぐキレる
  • 怒鳴る
  • 人の話に食ってかかる

低身長と言えば、まずこれらをイメージする人も多く、
実際に被害(?)を受けた人もいるのだろう。

仔犬がキャンキャン吠えるがごとく、チビもよく吠える

チビだから吠える事しか出来ないのだろうと、
普通の人が低身長を観察したら、そう見えるのもよく判る。

何故か?

  • 余裕がないから
  • 性格が歪んでいるから
  • 精神が幼いから

などと先入観・偏見・被害体験などが入り乱れてそう映るから。

ワタシも前2つは肯定する。

3つ目はよく判らないが、普通の人より幸せな人生経験が少ない分、
精神が幼いと言えば、そうと言えるのかも判らない。

※反対に、普通の人なら要らぬ苦労を相当してきた訳だが・・・

・・・僕は正常だよ? と、ここでは言ってみたい。

(元ネタは、この言葉をGoogleセンセに聞いてみて下さい。)

-----

それでは、低身長の側のターン(主張)という事で。

低身長が何故こういう特徴を持つか。

先天的、生まれた時からそんな気性だったのか?そんな筈はなく。
殆どの場合で後天的、何某かの嫌な経験からのもの

低身長であるが故の不利益シリーズで書いてきたような。

低身長というだけで、自身に非がなくとも他人から攻撃をされる等、
嫌な経験の積み重ねから『自己防衛』が非常に強くなっている

ワタシも新しい人と『お初めまして』する時には結構身構える。
今までに散々、嫌な経験をしてきたから。

流石にすぐキレる・怒鳴る・食ってかかる、というのは無いが、
関係の浅い相手から侮辱を受けるなどへの備えとして

勿論、こんな備えは使いたくないのが大前提。
後々の人間関係に悪影響が出るのは判り切っている。

だが、それでも。

低身長は舐められやすく、舐められたら終わり

ここで重要なのは、舐められないよう自己防衛は強くするが、
低身長の側から他人に対し、攻撃を仕掛ける事は無い

以前も書いたが、低身長の側は周囲と喧嘩をしたい訳ではない。
人間として『普通に』扱って貰えれば良いと考えている

そうであるにも関わらず。

心無い人が低身長を見下し・蹂躙し、居場所を奪うと、
他の人間も加担し、その連鎖を生む。

その結果。

低身長の側も自己防衛を超えた動きをせざるを得なくなる

それで、低身長は攻撃的と更に言われるようになる。

残念だが、これが現実。

また悲しいが、この負の連鎖は無くならないだろう。

-----

次回は、『やたらと筋トレしたがる』について。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

本日もお読み下さり、有難うございました。