低身長の副要因と、ワタシのムカシ


こんばんは、イリザロフ法で低身長を改善するMieuxです。

先の投稿では、低身長となる大きな要因について書いたが、
ここでは副要因をいくつか挙げてみる。

いくら親でも子への過度のいじり・干渉はNG!

習慣環境が身体に与える影響は、成長期が終わる前の
栄養摂取量や成長ホルモンの分泌に関連する話
となる。

成長期が終わるまでの間、以下に当てはまるのなら即改善を。

低身長の副要因

  1. 間食が多く血糖値が高い状態を維持
  2. 睡眠の質×量が悪い
  3. 喫煙で血流が悪化
  4. 家庭環境での恒常的なストレスや親からの愛情遮断

1・2はどちらも、成長ホルモン分泌の妨げとなる事が主な理由。
3は血流が悪化すると、骨の成長にも悪影響が出る為。

今回、焦点を当てたいのは4つ目。

・・・もしかしてワタシの昔話?と察された方は、ご明察。

ワタシの実家は非常におかしな家庭環境であり、
4の恒常的なストレスや親からの愛情遮断に当てはまっていた

※子細については後日、詳しく書いた投稿をします。

幼少の頃より、親から暴力・暴言・ネグレクト・性的嫌がらせなど、
現代なら大きな問題となるような事が日常茶飯事だった。

当時は、それがストレスとは判らず怯えて過ごすだけだった

それが故にか、思春期早発症に近い状態となってしまう前も、
身長の伸びは平均よりも少し遅れをとっていた

恒常的なストレスと性的嫌がらせが性ホルモンの分泌を促し、
思春期早発症に近い状態を『誘発』したようだ。

よく思春期早発症の原因は不明とされるが、幼少期のストレスが強いと
思春期早発症を発症しやすいというデータを複数、見た事がある。

低身長云々の前に、虐待をする親がいるのなら全力で止めたい。
子への愛情はあるが過度のいじり・干渉をする親御さんは要注意だ。

ワタシは両親からの性的なものを含む虐待と過度のいじり・干渉を
受け続けた事から今でも両親を軽蔑・嫌悪している。

一般的には親は子を愛し、子は親を尊敬し心身ともに成長するので、
ワタシのような人間はこの先、一人でも減って欲しい

本日は、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

本日もお読み下さり、有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です