低身長の大きな要因と、その中のワタシ


こんばんは、イリザロフ法で低身長を改善するMieuxです。

低身長・チビ、身長が低い要因を辿ると大きく三つに分類出来る。
以下、サックリと分けてみた。

成長曲線を記録し、異常を検知する

画像引用:http://jspe.umin.jp/public/teisinchou.html
画像引用:http://jspe.umin.jp/public/teisinchou.html

が子の成長を図の様な折れ線で記録し、標準進捗からの
乖離を確認したら、病気などの異常を疑い医師に相談する。

何某かの不足グループ

  • 甲状腺ホルモン
  • 成長ホルモン
  • 性腺ホルモン
  • 成長に必要な栄養素

このグループは、親が成長曲線をつけ異常を検知したらすぐに
医師へ相談する事で、適切な処置を受けられる事が多い。

成長の過程で必要な時期に必要なホルモンが分泌不足であると、
結果として低身長となってしまう。

-----

病気起因グループ

  • 骨疾患(軟骨無形性症)
  • 染色体異常(ターナー症候群)

こちらも外見的な特徴が出てくるので、親としては気付きやすい。

-----

その他グループ

  • 思春期早発症

文字通り、思春期が標準に比べて早く始まってしまうもの。
親としては一番気付きにくく、後の祭りとなってしまう事が多い。

何で思春期の始まりが早いと良くないのか、一言で言えば以下。

思春期が早く始まり早く終わると、その間の身長の伸びも少ない

身長が成長期を迎える標準的な大きさに育つ前に思春期に入り、
そこから成長スパートを迎えても、結果として小さく纏まってしまう

一般的に小学校4年(10歳~10歳半)で、男児は陰毛が生え、
女児は月経が始まっていたら、思春期早発症とみて良いと言われる。

※正しい判断は医師が検査の結果をもって下すものです。

・・・実はコレ、ワタシがかなり近い状態で当てはまる。

ワタシは小学校5年で陰毛が生え、中学校1年で声変わりをしていた。
二次性徴の始まりが周囲に比べて早く、終わりも早く迎えていた

身長も小学校5年くらいから一気に伸び、中学校1年の終わりで頭打ち。
思春期早発症に当てはまる、身長も早く伸び始め早く止まるだった。

この対処は、性ホルモンを抑え二次性徴を遅らせる事で可能。
これを性腺抑制療法という。

-----

ワタシが子供の頃は、こういう情報入手のハードルが高く、
結果としてワタシも低身長で出来上がり、惨めな思いをしている。

お子さんの成長が気になる方がいらっしゃったら、先ずは成長曲線を
記録して頂き、標準進捗との乖離があれば医師に相談を

本日は、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

本日もお読み頂き有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です