イリザロフ法の費用は国内と海外で大きく異なる


こんばんは、イリザロフ法で低身長を改善するMieuxです。

イリザロフ法の費用と言えば、すぐにイメージがつくのが、
とにかく高くて途方もない・・・というものだ。

手術の費用だけでなく、治療中の生活費も視野に入れる

費用は当然、ワタシも相応の額を支払う事になる。

その為、配当金目的で殖やしていた有価証券を一部売却し、
諸々の費用を捻出する。

一般的に、国内でイリザロフ法の手術を受ける場合、

700万円1,000万円

手術・治療にかかる費用だけで、これだけかかる。

そして、生活費は別途

併せ、先の投稿で治療期間について触れたように、
約1年くらいは職場勤めが出来ず、その間の給与所得は見込めない

これらより、一般的な社会人が国内でイリザロフ法を受ける事は
金銭的な事が主な理由となり、ハードルが結構高い。

一方、海外ではイリザロフ法を受けるとなると手術・治療のみでは、

250万円~600万円

この辺りの金額で受けられる。
(金額の幅が広いのは、国によって大きく事なる為)

国内同様、生活費別途・1年くらいは給与所得ナシではあるものの、
手術に必要となる一時金は大きく圧縮する事が出来る。

勿論、安ければ良いというものでは決してないが、
国内と海外では同じイリザロフ法でも費用が大きく異なるのも事実

この差分を何と見るか・浮いた分を何に充てるかは自分次第。

事実として、国内で手術・治療を受けるのは費用は高くつくが、
自分の国で受けるからこそ享受できる恩恵もある。

そこにイリザロフ法の成功に不可欠なモノも含まれる事となる。

時々、イリザロフ法は国内では高いからやらなくていい、
みたいなものを見聞きするが、ワタシはこう考えている。

費用面だけで、国内での手術・治療の選択肢を排除するのは早計

先に書いた、イリザロフ法の成功に不可欠なモノなどについては、
次の投稿で噛み砕いていく。

本日は、この辺りで。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

本日もお読み下さり、有難うございました。