低身長の現実と被る不利益①~初対面でのマウントと『いじり』(前半)


こんばんは、イリザロフ法で低身長を改善するMieuxです。

昨日の投稿で、ワタシが実際に被ってきた、
低身長であるが故の不利益をについて、サックリと挙げてみた。

今回から数回に分けて、具体例を出しながら掘り下げていく。

低身長は初対面でマウントを取りにかかられる(前半)

早速だが、以下の2つはセットで受ける事がとても多い。

  • 初対面でマウントを取りにかかられる
  • いじられキャラの押付け

ワタシが新しい組織やコミュニティに入った時などによく起きる。

具体例として判りやすいのは、転職直後の会社での飲み会。

面白い位、必ず以下の四連コンボを仕掛けてくる輩がいる

①質問攻め

 ↓

②いじり

 ↓

③リアクションを否定

 ↓

④マウント取り

傍から見たら、単なる初期のコミュニケーションと映るのだろう。
だが実際は、既に低身長であるが故の不利益を被っている

先ず、質問攻め自体は、初期段階のそれとして理解・受容する。

が。

次にくる『いじり』では、マウントを取ろうとする側(輩)は、
ワタシに対する先々の主導権を握ろうと、何をしたら対象(ワタシ)が
嫌な反応をし、つけ入る隙が出来るかを探しにくる

こういう場合、輩は決まって人を見下す材料探しをする。

人それぞれの思考・行動は異なる筈なのに面白い位、
このテの輩の動きは似通っている。

この『いじり』について、そもそも論。

誰もが誰もに対し『いじり』をするか?

自分たちのコミュニティに新顔、例えば、福士蒼汰のような
高身長イケメンが入ってきたとしたら、状況はどうだろうか。

質問攻めは受けるだろうが、見下した様な『いじり』を受けるか?
先ず、そんなものは受けないだろう

普段、質の悪い『いじり』をする輩は必ず相手の品定めをするので、
こういう場合、やらないだろう。

輩の品定めは、こうだ。

ワタシの様な低身長が相手なら、こいつなら『いける』と判断する。

まだ④のマウントを取りにかかられるまでのステップはせいぜい半分だが、
ワタシとしては早くも、低身長であるが故の不利益を被っている。

こんなものは最早、コミュニケーションでも何でもない。

蛇足となってしまうかも判らないが、ワタシは低身長である以外には、
他人から『いじり』を受けやすい要素は持っていない。

 

※この辺りで一旦切り、次の投稿で再開する。

-----

典型的な『低身長あるある』ですが、ワタシも散々喰らいました。

もし、お読み頂いている方の中に、コレ系の嫌な経験をされた方が
おられましたら、ワタシは誰よりもその気持ちを理解出来ます。

ワタシの全ては、低身長で荒み疲弊した人の心を救う為に

ここまでお読み下さり、有難うございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう